「スポンジ・ボブ」ニコロデオンで放送中!

プロフィール

小さな街の油屋さん

Author:小さな街の油屋さん
管理人の小さな街の油屋です。
ガソリンスタンドの日常的な話題を書いていきたいと思います。
お得な情報なんかも紹介していきます。
さらっと読んでって下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
おはようございます、管理人です。

今日も朝から天気がすっきりしませんが、

日中はムワッ~とまさに夏真っ盛りです。

そんな昨日は土用の丑の日。

毎度ながら嫁さんからお値段聞いてチョット引きましたけど、

今年は稚魚が豊漁だったから安くなるとか言ってたあれ・・・嘘ですね。

まぁ、稚魚ってことは養殖なんで、私が頂いたアレが天然ものなら該当しませんけど。

いつも通り美味しいのは美味しいのですが、他所の食べた記憶ないから比べようがない、

今日ならまだスーパーに売れ残りの国産養殖ものが売ってるだろうから、

買って食べ比べてみよう。昨日の今日だから私の舌もそんなにアホじゃないだろうし。

私らの扱う商品なんかまさにそれですが、

今やとにかく安けりゃ良いって商品に成り下がった感があります。

あれだこれだと自分が扱う品物には拘りがある人でも、

ガソリンに関しては一円でも安いお店で給油してる方も多いはず。

昔のように各石油会社がガソリンやオイルのCMやってるのってほぼ見かけない。

自社の商品を胸張って推せるほど自信がないのか、大人の事情で謳えないのか?

各社で統一された高品質な製品なのはわかるけど、言い方換えればどこで入れても同じ、

逆にどこの燃料が入っているか分かりません・・・って言われているようで寂しいですね。

時代が変わってしまったのは今更じゃないけど、

ウチのゼアス主任もスーパーゼアス所長になるためには、まだまだいくつもの高い壁がありそうです。














こんにちは、管理人です。

子どもたちは夏休みに突入したようで、

朝の早い時間からラジオ体操に行くであろう小学生を見かけます。

良いですね~、夏っぽくて好きです。

そんな僕の夏休み(前編)

IMG_0148.jpg

7月上旬。毎度のセントレアから直行便なら3時間弱の石垣島上空。

空港からはバスでフェリーターミナルまで移動。ノンストップだから楽ちんですよ。

梅雨明け直後の八重山の海は穏やかで、西表島は上原港行きのフェリーに無事乗船できました。

隣の桟橋はやけに乗客が多いな?と思っていると・・・なるほど、波照間行きでした。

波照間島って石垣島から向かうには外海が荒れやすくて欠航がやたらと多いのです。

どうしても行きたければ週に2日ほど運航する大型カーフェリーしか選択肢がなくて、

それも予約できないから早朝からわずかな乗船券求めて並ばないといけないのです。

それがこの日はべたなぎで、高速船でも行けるってんだから満員御礼もうなずけます。

IMG_0165.jpg

で、人生二度目の西表島・・・定宿・・・あれ?ホテルの名前変わってる・・・。

なんだかサービスのレベルも下がったようだ。

初日は旅の疲れもあり、ホテル周辺を散策&釣り。

フェリーターミナルで急きょ買ってしまった釣り竿セットで遊びました。

IMG_0171.jpg

砂浜のあちらこちらにウミガメが産卵のために歩いた跡があった。

直径1メートルくらいの綺麗に均した産卵床もあった。

ここに来ると、テレビや図鑑で夢中になった世界を目の当たりにできるようで癒される。

翌日は船をチャーターして釣り&シュノーケル。

IMG_0176.jpg

釣り初心者の嫁さんはご機嫌で糸を垂らしています。

しかし、八重山の海は彼女に微笑むことはなく、

キツネ魚を2匹釣ったところであえなく撃沈。

IMG_0193.jpg

IMG_0194.jpg

小物は入れ食い状態ですが、ここのポイントではこのサイズばかり・・・。

私一人ならジギングかGT狙いと行きたかったのですが、

シュノーケリングも楽しみにしていた嫁さんのために入り江のウミガメポイントへ移動。

IMG_0197.jpg

ガイドさんが昼食を作ってくれた。

先ほど釣った魚もトッピング・・・身がフワフワで美味しかったですよ。

面白かったのがウミガメって息継ぎしに海面に上がってくるとき、

ちょこっと顔を出すんですけど、私ら人間の姿に驚いて「うわぁ」って感じで水中に引き返すんです。

それをあちらこちらで繰り返すから可愛くて可愛くて。

で、結局船酔いが治まらない嫁さんを船に放置して、

私はガイドさんと水深5mほどのポイントをシュノーケリング。

ウミヘビにしつこく追い回された時は、結構ビビりましたが、

そうそう人を襲うことがない大人しい性格らしいです。

楽しい時間はあっという間に過ぎていき、帰港の時間。

船上で食べた絶品ピーチパインも、ガイドさんちの畑で育てたらしく、

何個か送ってもらうように頼んでおきました。

翌日は早々にチェックアウトして、上原港から石垣島へ。

老後はこんな島で過ごすのも良いなぁと・・・。

住んでる人の苦労を知らない私は「住んでみない事には知ることもできない」と、

ぼんやりと10数年後の自分の居場所を探し始めています。

石垣島では意外と今回初の川平湾。

愛嬌のあるシーサーで人気の米子焼き。

やいま村。

港に停泊していた超大型客船に嫌な予感はしておりましたが、

観光地や町中は台湾の人たちで溢れかえっていました。

観光地価格の石垣牛を食べ、大好物のポーラーベアーでお口直し。

翌日は早い便で那覇に行きたいので早めに就寝。

那覇では嫁さんお気に入りのアクセサリー屋さんに付き合わされ、

夕方無事にセントレアに着きました。

僕の夏休み(後編)はサマージャンボ次第で、

「社長離島に家を買う」ってお題になるかもです。当たればね。

こんにちは、管理人です。

梅雨明けしたようですね、ど~りで暑いはずです。

そうこうしているうちに当社も夏の賞与の時期・・・。

ウチで賞与もらえるのって野〇君と新人君の2人。

私が賞与なんてもらった日にはスゲ~勢いで役人にド叱られるし、

ましてやそんな余裕なんてどこにもないですからね。

まぁ、この半年間頑張ってくれたお礼にボーナスを支給するのは社長の務め、

うれしそうな社員の顔を見ると私のモチベーションもワンアップしますしね。

でも、賞与ってのは「報酬」だから「これだけやってくれたから」って渡す言わばお礼ですよね?

大抵は「売り上げ伸ばしてくれたから」「君のお陰で顧客が増えた」、

一般的にはそんな査定基準があるんでしょ?

「やってもくれていないのに」先に支払っちゃってたら・・・それって返してもらえるのでしょうかね?

あっ、これ後にも先にもウチの社内の話じゃないですよ。

何だかね・・・別件で・・・何年か前に・・・そんなことあったような気がするなと、

今まさにボーナスの査定している自分の頭をよぎったわけです。

先代がいつも言ってた「あげたものは返ってこない」「貸したものもあげたも同然と思え」。

余裕のある人は、何言っても様になるんですよね~。

小っさいな自分。いや・・・もっと小さいやつおるのは間違いないヽ(´∀`)ノ















こんにちは、管理人です。

大変ご無沙汰いたしております。

7月も後半に突入し、徐々に日の入りも早くなってきました。

自然災害に見舞われた地域の皆様のご苦労は、

現場レベルでないとはかり知ることはできませんが、

先日こんなことがありました・・・。

那覇空港でのトランジット、テレビ見ながらマッサージチェアーでうたた寝していた時。

鹿児島を震源地とした大きな地震があったと報じられました。

たまたま隣におられたご夫婦が九州の方だったようで、すごく心配されていました。

すかさず安否の確認のため電話を掛けておられたのですがつながらない。

幸いウチの嫁さんは母親と連絡が取れて安心しておりましたが。

そうこうしているうちに搭乗時間になり、機内に乗り込まれる足取りはどこか重そうで。

熊本大震災のトラウマもあるのでしょうか?

楽しいはずの旅の行程が一瞬にして無になった瞬間ですね。

思わずそのご夫婦のお身内に何事もなかったことを願ってしまいました。

そんな一瞬で大切なものを奪ってしまう自然災害ですが、

幸い私が住む滋賀県は自然災害の少ない地域でとても助かっています。

私ももう少し時間に余裕が持てるようになったら、

被災地へのボランティア活動にも積極的に参加しようかと考えています。

で・・・またまたありました「見て?」なのか「診て?」なのか分からないご依頼が。

昨年のこの時期に3時間もかけて修理した外国製の刈り払い機。

専門職な方ならものの数十分で直せるかもしれませんが、

生憎、私はずぶの素人・・・。

しかも、こんな工具もってね~ぞ!ってのがあったりで、悪戦苦闘したのを覚えています。

で、結局は無免許医師なので無償で修理したのですが・・・

これが逆にアカンかったんですかね。

それもこれも一線を引いた商売ができていなかった自分が悪いのですが、

それにしても・・・って思ったりもします。

こんにちは、管理人です。

ここんとこ筆不精になってしまい、

覗きに来てくれる方も激減してしまったこのブログですが、

そもそも一人身勝手なことしか書かないと公言していた事もあり、

10年を節目に・・・と考えております。

そんな訳でして、久しぶりに画像でもUPしようかと昔の写真を見てますと、

懐かしいのがザクザク出てきました。

IMG_0221.jpg

これは2012年の秋。福井県のタカスサーキットってところで耐久レースに出たときのもの。

ライダーは確か野〇君と娘だったっけ?

将門もチームシャツ着てお父さんを応援してました。

IMG_0228.jpg

これは同じ時期に北九州に遠征したときのもの。

表彰式ですかね?隣の小さい子・・・この頃から群を抜いて速かった。

で、確か・・・NSF100のグラチャン出場権欲しさに遠征したんですよ。ウチ。

おかげさまで2年連続出場できたし、この年のグラチャンは7位と健闘しました。

しかし親バカですよ、本当に。

ただですね。私の場合は親の欲目で子どもを見てしまいますが、

「親の欲目と他人の僻目」ではないのです。キッパリ。

自分の子どもは確かにかわいいし過大評価してしまうことも多々ありますが、

比較対象になるであろう他所の子の事な全く気にならない。

逆にこんなへなちょこライダーを意識してくる方がいるのには驚きますが、

気を使わないで早く上で走って下さい。ウチは下の方でじゃれていますから。

で、我が子と長らくバイクやってきて、それなりにお金も時間も使ったし、

結果なんて望んでいた半分もでていないけど。

それでも「まだ走りたい」って言われたら、やらせちゃうんですよね。親だから。

でもね。現時点で当店のライダーは娘一人なのでいいのですが、

もし野〇君や新人君が走ることがあれば、

組織の長として絶対に依怙贔屓はできませんよね。

その時は親の欲目は封印します、約束できます。

まぁ、自分の居場所作るのに必須なライダーなだけに、

出すもんはしっかり出さないと便乗させてもらえないって事ですわ。



««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»

FC2Ad