「スポンジ・ボブ」ニコロデオンで放送中!

プロフィール

小さな街の油屋さん

Author:小さな街の油屋さん
管理人の小さな街の油屋です。
ガソリンスタンドの日常的な話題を書いていきたいと思います。
お得な情報なんかも紹介していきます。
さらっと読んでって下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
こんにちは、管理人です。

最近耳にしない日がないですね・・・日揮って名前の会社。

そこの社員さん達が遠いアフリカの地で尊い命を奪われた。

まだまだ世のため人の為に活躍できたであろう・・・心残りな尊い命。

懸命に働いて愛する家族のいる日本に帰れる日を楽しみにしていたであろう尊い命。

そんな大切な命を奪ったのは心無い野蛮人達だ。

マリ?なんて可愛い名前の国だからさぞかし可愛い子が一杯いるんだろうなんて

想像していた自分が恥ずかしい。

しかし、TVに飛び込んでくるのは可愛い子どころか髭ずらの武装したむさ苦しい男ばかり。

そんな国に日本人技術者たちが命を掛けて働きに来ていた。

勿論、他国のスタッフも同様に。

そんな彼らを自分達の都合で巻き込んで、命まで奪っていく奴らを同じ人間と思いたくはない。

この一件で私の中では嫌いな国が一つ増えた。


ちょっと前に読んだ出光興産の創設者、出光佐三をモデルにした本。

「海賊とよばれた男」。

この中に出てくる「出光興産初の製油所」ってのが山口県の徳山にあります。

この製油プラントを一挙に引き受けたのが「日本揮発油株式会社」です。

そう、今や紙面やTVで見ない日はない「日揮」なんです。

1957年に操業開始の徳山製油所はわずか10ヶ月というあり得ないくらいの

短期間で建造されました。

その後、50年以上に亘り日本の産業を支えてきた徳山製油所。

しかし、そんな出光最古の製油所も時代の流れには逆らえず

2014年3月にその役目を終えます。

私は出光人ではなく日本人ですが、出光興産の社員同様にさみしい気持でいっぱいです。


この度、無言の帰国を果たされた日揮の社員さまには心よりご冥福をお祈り申し上げます。





















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

FC2Ad