「スポンジ・ボブ」ニコロデオンで放送中!

プロフィール

小さな街の油屋さん

Author:小さな街の油屋さん
管理人の小さな街の油屋です。
ガソリンスタンドの日常的な話題を書いていきたいと思います。
お得な情報なんかも紹介していきます。
さらっと読んでって下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
画像 090
おはようございます、管理人です。
本日、当店のブログは解説1周年を迎えました。
当店のメンバーも1つ年を取り・・・。
家族の増えた子もいます。
月日が経つのは本当に早いですね! 特に子どもが出来てからは1年なんてアッという間です。
私は現在37歳。この会社にお世話になったのが20歳の時です。
あれから17年の歳月が経ち、当店での人との出会いや別れも沢山経験しました。
私が此処にお世話になる前は某タイヤメーカーの販売会社に居りました。
業務内容は勿論、タイヤを売る事です。しかし、一般のユーザーさんへ売るのではなく問屋として
タイヤ屋やGS,ディーラー、車屋など販売店呼ばれる方々とのお付き合いが100%でした。
当然、タイヤや自動車の知識を高い水準でキープしておかないといけません。
それは自分の商売相手がその道の「プロ」だから。
自分なりにタイヤの世界が何となく見えてきた頃、普段から給油でお世話になっていた当店の社長に
「自分の会社に来て欲しい」と声をかけて頂きました。
私は学生の頃、コチラでバイトをしており社長の人柄は良く知っているつもりでした。
でも、仕事がガソリンスタンドって・・・。
正直、自分の職業を随分と格下げしてしまうような不安がありました。
世間の目?みたいな物も気にしていたんでしょうか???
皆さん!どうですか?お子さんが「ガソリンスタンドに就職する」なんて言い出したら・・・。
確かにサービス業なので休めない分、収入は多少は良いと思いますが。
御子さんの一生の仕事にして欲しいですか?バイトの延長みたいな職業。
今の時代なら再就職の為の繋ぎ程度に感じませんか?
出来れば休みや労働形態(労働組合)のしっかりした会社?なんかで、無難に仕事をして欲しいとは思いますよね。
他の職業はそれでいて厳しいとは思いますが、ガソリンスタンドの従業員が僅か平均3年で辞めてしまう事実がこの業界の厳しさを物語っていますね。
本当の事を言うと私の両親も反対でした。(親としては当然じゃないかな?)
でも、社長が両親と直接話してくれて、両親も不安が無くなったようです・・・。(何も聞かされていない
私だけが不安なんですけど)

実際、スタンドマンとして働き出した頃は毎日が嫌で嫌で仕方がなかった。
労働時間は朝の9時から夜8時半まで、休みは水曜日のみ。
閉店間際に来ては何時間もダラダラと喋っている人。(残業代下さい!お客さん)
何でも「サービスか?サービスか?」と言ってくる方。(ウチは国営か?)
サービスステーションって無料の店?のことか???と勘違いしたくらいです。
自分達がやっている事がお客様にはすべて、あ・た・り・ま・えの事。
OILやタイやの話をしても「安いのでエエ」の一点張り。
タイヤメーカーとして販売店さんと商談していた頃が懐かしく思えました。

でも、結婚を機に兎に角やれる所までやってみようと体裁など構わずに頑張ったつもりです。
OILやタイヤの説明も客層に合わせた喋り方を勉強しました。
自分が会社の為に正しいと思って来た事に不満を持たれ、離れて行ったお客様も居られます。
ただ、その方々が本当に会社にとってプラスになっていたのか?
今思えば自分が正しかったんだと胸を張れます。
社長や奥さんにも色々と支えて頂き、「自分の周りには良き理解者が居てくれる。」
そう思うと自分の中で何かが吹っ切れたように前向きになれました。
どうせなら楽しく取り組まないと、良いものは出来ませんよね。
その後、若い世代の2人が入社してくれて当店も活気づいて来たように思います。
素直で真面目な2人が当店に来てくれた事を本当に感謝しています。
自分や両親が感じたガソリンスタンドという職業への不安を取り除いてあげるのも、大事な私の仕事だと思っています。
苦しい時に皆で頑張った分は必ず良い方向で自分達に帰ってくると思っています。
この年になってお客様からの「ありがとう!」が本当にありがたく思えるようになって来ました。
今までの17年間は若い2人と巡り合う為の歳月。
これからの歳月は彼らと共に歩んで行くんですね。
さ~て、嫌がらずに付き合って貰いますよ宮○君、野○君。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

FC2Ad