「スポンジ・ボブ」ニコロデオンで放送中!

プロフィール

小さな街の油屋さん

Author:小さな街の油屋さん
管理人の小さな街の油屋です。
ガソリンスタンドの日常的な話題を書いていきたいと思います。
お得な情報なんかも紹介していきます。
さらっと読んでって下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
こんにちは、管理人です。

レースの翌日はこんなブログでも見に来てくれる方が多いのに、

パソコン立ちあげるのすら嫌になるくらい気が入りませんでした。


さて・・・ボチボチ書きますね。

10日11日の2日間、鈴鹿サーキットに行ってました。

娘がエントリーしている鈴鹿サンデー第5戦のサポートです。

チームという母体があってその中の一人として走らせてもらっているのですが、

鈴鹿サンデーともなると急にチーム員が増えたような錯覚に陥りますね。

今回の出場台数はGP3クラスに井上さん、娘。

CBRクラスにカズマ、馬場君、大伴さん。

ST600Rクラスに岩月さん。


それではまずは、娘の今回のレース。

結果からいいますと、土曜日のスポーツ走行を終えた時点でリタイヤ届を提出しました。

一週間前のミニバイクレースで転倒して尾骨を骨折していたのですが、

特スポを走ってみて「無理だ」とライダー自身が判断をしました。

娘の鈴鹿サンデー第5戦はここで終了です。

今回は無理して走っての結果には何も付いてこないとを理解したようです。

実際、私が骨折と知ったのがレース数日前でした。

転倒後数日経っても階段の昇り降りがきつそうだったし、

日常的な動作が鈍いことから「もしかして」とは思っていました。

医者からは「今、患部がズレたらプレート入れて矯正します。腸が圧迫されるので」

と念を押されていたようです。

娘にとっても苦悶の数日だったでしょうが、

何かしら僅かながらの期待もあったのでしょう。

土曜日、鈴鹿からの帰りの車内は重苦しい空間でしたね。

「初めて怖いと思った・・・」と娘の口からポロリと。

体調以外にも思いっきり行けない何かがあるようで、

原因が理解できないまま乗ることの怖さも知ったようです

何というか色々と見えたというか見てしまったし、考えさせられましたね。

今回の鈴鹿では・・・。

そんな事で娘は呆気なく棄権しましたが、

まだまだチームにはGP3の井上さんやCBRのカズマ、馬場君、大伴さんがいます。

600の岩月さんもタイトル争いの終盤で今回も大事なレースです。

娘にしてみれば自分の存在を意識できる愛車がソコにないことは辛かったでしょうが、

お気楽な私は好き勝手に観戦します。

とは言っても、大伴さんにサポートが必要だったので私が付かせてもらいました。

こんな私でも居れば誰かの役に立てるのです。

まずはGP3。

娘も出場するはずだったクラス。

私もチョット悔しかったのでMCシケインで観戦です。(意味が分かりませんが)

GP3の井上さんの決勝は得意のスタートを決めて良いポジションで走っていました。

直後の200Rでハイサイド転倒。

ガッツリ加速していく区間で前車とラインが交錯した感じでしたね。

現場が近かったので見に行きましたが、かなり痛そうにされていました。

私としてはレースどころではなくなりましたが、

娘はあそこで引かなかった先輩ライダーのプライドに感銘を受けたようです。

井上さんはかなりダメージがありそうでしたが、骨折もなく何よりでした。


CBRカップはカズマ、馬場君、大伴さんの3台がエントリーです。

まずは好スタートを切ったカズマが第2グループでバトル開始。

終始そのグループから抜け出せずに9位?でゴール。

自己ベストを更新しての力走でしたが、前が速すぎます。

付いて行くので精一杯だったと肩を落としていました。

上には上がいる・・・特にベテランの上手さ速さには脱帽です。

馬場君はまずまずのスタート?か。

毎度ながらミニバイクの仲間でもある鈴木君とバトル開始。

戦闘力では分が悪い馬場君ですが、気持ちでは負けていません。

何とか持ちこたえてのファイナルラップ・・・。

ライバルの鈴木君が戦線離脱してたこともあり、今回も馬場君が勝ち?

それでも悔しい11位でしたね。

んで、今回急きょ私が付かせてもらった大伴さん。

人生初のタイヤウォーマーを巻いてのレース。

一周目からグリップするタイヤに感激している間に順位を落とします。(コラ~)

それでもキャリアは確かなものです、確実に危なげなく走り切ってくれました。

大柄なライダーなのでストレートではかなり不利ですが、頑張って伏せてましたね。

次回までにタイヤウォーマーを購入することをお勧めします。

600Rの岩月さんは再三のマシントラブルを乗り越えて2位で表彰台GET。

このクラスはタイヤ選択が明暗を分けたようです。

おめでとうございます。

今回のレポートに画像がありません。

このために買ったカメラを忘れたのです。

ゴメンナサイ。

なんだか色々いじけています。

今日のところはこれくらいで・・・。



















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

FC2Ad