「スポンジ・ボブ」ニコロデオンで放送中!

プロフィール

小さな街の油屋さん

Author:小さな街の油屋さん
管理人の小さな街の油屋です。
ガソリンスタンドの日常的な話題を書いていきたいと思います。
お得な情報なんかも紹介していきます。
さらっと読んでって下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
こんにちは、管理人です。

世間はすでに連休モードでしょうか?

何だか時間がゆっくりと流れている感じがします。


昨晩のお話ですが、当店の所長でもある野○君が一人のバイト君の

お母さんと本人を交えて近況報告会をしました。

当店でこのような報告会などを実施することは今までありませんでした。

このバイト君は高校3年生です。

もうすぐ就職活動が始まるのですが、これがなかなか難しそうなのです。

1年と数か月、彼を毎日見てきた野○君が「今のうちに伝えておかないと」と

意を決して親御さんに面談を申し入れたのです。

今朝、野○君から報告会の中身を事細かに聞かせてもらいましたが、

「親御さんが全く子どもの目線で物事を見れていない」と嘆いていました。

バイト君自身は「自分に足らないモノが多すぎて不安でたまらない」と、

バイト中に泣いていたこともありました。

私たち店側はバイト君たちを比較する事は極力しません。

その子その子のレベルがあるのは当然ですから。

でも、流石に自分でも感じていたのでしょうね?

現在の義務教育の中では競争することや、比べることを良しとしません。

高校もそうです、入試で名前書いたら受かった!なんて高校があること自体

信じられませんが・・・現実です。

私なんてしょっちゅう黒板の前に立たされていましたよ。

そんな中で自分が他人と比べてどうなのか?どの辺にいてるのか?

悔しかったら努力もするし、人よりも得意なところは調子に乗って

伸ばそうともしました。

厳しい目でモノをいうと、この子はちょっと気づくのが遅かったのかな?って思います。

でも、気づいただけ成長ですね。

それに比べて全く意に介していないのが親御さんだったのにはショックでしたけど。

私と同世代かそれよりも上の世代なのに、親までゆとり世代になってるんじゃないかな。

野○君も思わず「誰の子?」って言いかけたそうです。

カエルの子はカエルって言いますけどね、

同じカエルならアマガエルよりもトノサマガエルの方が響きがいいでしょ。

あっ~!

そんなこと言ってる我が家にも一匹こんなヤツがいた。

19201.jpg

なんでも最近社会人になったらしいね・・・娘。
























スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

FC2Ad