「スポンジ・ボブ」ニコロデオンで放送中!

プロフィール

小さな街の油屋さん

Author:小さな街の油屋さん
管理人の小さな街の油屋です。
ガソリンスタンドの日常的な話題を書いていきたいと思います。
お得な情報なんかも紹介していきます。
さらっと読んでって下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
こんにちは、管理人です。

寝貯め食い貯めは出来ないらしいですね。

金曜日の朝5時から40時間以上寝てなかったんですが、

薬屋で買ったなんちゃらモカってドリンク剤がイイ仕事してくれた。

普段から珈琲飲まないので体がびっくりしたのでしょうか?

ツインリンクもてぎに到着したのが土曜日の6時前。

トイレ休憩1回と給油のためのロスはあったものの、

高速道路はスイスイ走れた。

もてぎの皆さん、今日から2日間お世話になります。

005.jpg

ホンダ・サンクスデーがメインスタンド側で開催中ってか、準備中。

後で遊びに行こう~。

004.jpg

東ピットからストレート(通常は裏ストレート?ダウンヒル?)を望む。

鈴鹿西コースと同じ匂いがするなぁ。

今回の遠征はCBR CUP ビギナークラスのチャンピオン決定戦出場ですが、

NSF100のチャンピオン決定戦も同時開催です。

数年前はNSF100で頑張っていたよな~、懐かしい。

バイクや機材の搬入もピットと駐車場の距離が遠くて大変です。

今回感じたことは、プレハブ小屋でも良いの更衣室が欲しかった。

女性ライダーはピットで着替えるには抵抗があるでしょう?

必然的にトランポの中で着替えるのです。

ピットから駐車場までの距離は結構なタイムロスになります。

今後のためにご一考いただければ・・・。

002.jpg

今回もてぎ用に導入されたアイテム。

こいつが後程娘を震えあげさせることになるとは。


さて、もてぎを走ったことがない娘ですが、

TVでMOTO GPとかも見ないですし、

全くコースレイアウトってのが頭の中にありません。

数日前に動画で誰かさんのオンボード映像を見て学習していたようですが、

乗り物酔いしそうになるらしくて・・・分かる気がする。

前日のスポーツ走行で初めてもてぎを走ったALTECの松野さんと西山さんが

娘にレクチャーしてくれました。

いよいよ、初ツインリンクもてぎ!

25分?の短い走行時間でどこまでいけるかな?

無難に走っているようですが、本人はかなり不満顔。

まず、ド叱られたのはブレーキのバンパー。

カッチョイイので私的にはOKなのですが、

手の小さい娘はブレーキレバーが特殊なモノが着いてい、

レバーの長さが調節できるのです。

それが走行中に伸びてブレーキング中にバンパーに接触。

ブレーキが戻らなくなって死にかけたらしい。

今までも何度か走行中にレバーの伸び縮みはあったようですが、

引っかかる事がなかったので無視していたようです。

本末転倒。

娘の中ではカッチョイイから嫌な奴に成り下がりました。

これでバンパー君のもてぎは終わりました。

しかし、暇ですね。

鈴鹿と違って食事するところもないし。

何せ駐車場までの移動が辛いよ。

今回ヘルプをお願いした松野さんと西山さんが娘と密談している。

私は蚊帳の外。

なんでもファイナルを交換するようです。

38から37へ?娘のコメントもしっかりしてきたと松野さんが褒めていましたが、

最近はズケズケとモノを言うのでたまにムカつく。

絶対に友達少ないぞ・・・アイツ(笑

まぁ、その結果予選は練習走行よりも2秒縮めていましたが、

何より走行時間が少なすぎますね。

予選は17位。

娘のイライラが頂点に達しているので娘を残して、

松野さんたちとサンクスデーの会場に避難しました。

土曜日は準備中なんですかね?

お客さんが入るのは明日のようです。

なんだか関係者のような気分で徘徊します。

グランツーの設置してあるお店で食事。

010.jpg

西山氏・・・コースアウト。

娘から「まだ・・・」の連絡が来たので戻ります。

夕方4時過ぎにはサーキットを後にしました。

今夜の宿はもてぎの山の中にあるペンション。

到着したころには辺りは真っ暗で怖い。

雰囲気のいいペンションですが、死ぬほど眠いので野宿以外ならどこでもいいです。

娘も私も風呂、飯、寝る。昭和の頑固親父のようなペンションの夜でした。


明けて決勝日。

朝が早いのでペンションの奥さんがお弁当を作ってくれた。

バイクを搬入してから決勝までの4時間が長い。

052.jpg

HRC中本氏。 そのままGPまで連れて行ってもらえば?



その間にNSF100の決勝があったから見ていたけど、

ジュニアのレースは熱いですね。

まぁ、今も昔もですが・・・親父が走れば?

大人枠では度々ご一緒する軍団榊原さんチームから2台出てます。

本命はコージさんですが、馬場君もやってくれそうです。

025.jpg

026.jpg

結果はオフェシャルの大失態で8周でチェッカーのところを9周と勘違い。

幻の優勝なコージさんは流石に凹んでましたが、優勝した方は本当に強いですね。

確か?連勝記録持ってるんじゃないでしょうか?

そして11時半。

CBR CUPの決勝です。

055.jpg

一応ね一人前の大人です、ネクタイとタイヤウォーマーくらい巻けますよ。

050.jpg

場違いな方も出られるんですね。

029.jpg

今回すごくお世話になったお二方。

ホントありがとうございました。



053.jpg

楽しんで走っておいで。

8周の決勝がスタートしました。

今回もスタートはボチボチでしたが、東コーススタートは90度コーナーが1コーナーなので

飛び込むスペースが見つからなかったようです。

それでも後方からスタートのユーキ選手はズバズバ抜いて行ったようですが。

1周目予選順位とほぼ同じで帰ってきます。

鈴鹿と違い圧倒的なマシーン差は無いようですが、

最終ヘアピンでしっかり付いていてもストレートエンドまでで抜き切れない。

終盤に前の集団のペースがガクッと落ちた。

一気に差が縮まったんだけど抜くには至らない。

054.jpg

サインボードには残りのラップのみ知らせます。

ラストラップで少し離されたかな?

悔しそうにうつむいて首を横に振っていた。

ビギナーもエキスパートも皆同様にゴールを目指します。

どんな理由があっても手を抜かないで走りきっています。

出場者全員に拍手を送りたいです。

048.jpg

決勝後、撤収まで時間が掛りましたが無事日程終了。

折角イベントやってるんだからってことでサンクスデー会場に行きました。

お客さんがいっぱい。

グランドスタンドにも仮設?のスタンドができていた。

娘が言ってたけど、レースの後のクールダウン走行中にグランドスタンドから

沢山のお客さんが手を振ってくれたり拍手してくれたって。

殆んどが4輪のファンだとは思うけど、嬉しいですよねライダーなら。

でもやっぱり私たちは2輪に目が行くわけで・・・。

040.jpg

「お父さん!これ買って」



042.jpg

「子どもか?」


039.jpg

「本気か?」



046.jpg

「コウヘイか?」(身内ネタです)




044.jpg

「ええな~ぁ」


037.jpg


「積んで帰ろ~」

っと、まあ。

結構なブースが出ていたし、ロードレースファンなら1日遊べますね。

模擬レースもやってたし、鈴鹿でもやればいいのに!やってるのか?

夕方、サーキットを後にして途中4人で食事して解散。

食事中、娘は今回の遠征を含めた1年間の総括を松野さんにぶつけていました。

普段はあまり自分の事を主張しない娘ですが、来期を見据えた真剣な話を

していましたね。

「時間もお金も無駄にしていいモノなんてない」。

「自分が走りたいと思うカテゴリーが今のじゃないなら、

あと一年CBRする事に意味があるのか」。

真剣に話を聞いてくれて彼らなりの答えをくれるのは有難いことです。

帰宅時間を考えると長居もできないので、ここでお二人とはお別れしました。

本当に2日間ありがとうございました。

帰りは多少の渋滞もありましたが、田舎田舎へ進路を取って渋滞回避に成功。

地震があった長野を抜けて無事帰還しました。

今回の遠征、帰りの道中に観ていた「バイファム」に全部持っていかれました。

感動をありがとう!バイファム最高?


031.jpg


トップライダーでも自分の事は自分でする。

偉いねーユーキ君は。

来年GPがんばってね!

それと引き替え・・・思い出したぞ!

8耐の時に見てしまったワンシーンで、

緑色の派手なワークスライダーがグローブを不機嫌そうに投げていた。

スタッフに拾わせていた・・・イライラ。

そんな奴は掌すりむいて泣いてろ!

長文で皆さんお疲れのところ脱線してしまいごめんなさい。

滋賀から7時間、九州より近いのに行ったことがなかった栃木県。

娘は楽しいコースだと喜んでいましたし、機会があればまた走らせたいですね。

来年はスポットでもてぎ選手権も良いかもです。

今回の遠征にあたっては沢山の方にお世話になりました。

親子共々楽しい時間をいただきましたこと、感謝いたします。


































スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

FC2Ad