「スポンジ・ボブ」ニコロデオンで放送中!

プロフィール

小さな街の油屋さん

Author:小さな街の油屋さん
管理人の小さな街の油屋です。
ガソリンスタンドの日常的な話題を書いていきたいと思います。
お得な情報なんかも紹介していきます。
さらっと読んでって下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
おはようございます、管理人です。

今日で10月も終わりますね。

何だかバタバタした10月でしたが、個人的には充実してました。

土曜日は宮○君、野○君、娘と4人で京都のバニさんのお店に行ってきました。

美味しい料理を頂きながら鈴鹿ミニモトOPの話を・・・。

3日に近スポでポジション合わせ等の最終確認をする事になりました。

身長150ちょっとの娘・・・きっと他のライダーさんはエコノミー症候群です。

何言うさんにいたっては元来異様なポジショ二ング(笑)なんで気にしてませんが。



当店は本日より約10日間地下タンクの修繕工事を行います。

施設内の一部が閉鎖されます。ご迷惑をお掛けしますが宜しくお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
おはようございます、管理人です。

北九州への遠征の帰り、門司にある出光美術館に行ってきました。

画像 1298

門司レトロの一角にあるお洒落な倉庫風の美術館。

私のような者に絵心などあるはずもない事は皆さんご承知でしょうが、

今回の目的は館内に併設されている「出光資料館」。

そうです、当社山形石油は出光興産と特約店契約をしております。

皆さんがご存じな石油メーカーの大半が三者契約(元売りメーカーとGSの間に

もう一社が絡む)のもと商売されていますが、出光はちょっと変わって?まして・・・。

私たちのような一店舗しか持たない小さな会社でも、出光興産と直接の付き合いをします。

度々顔を出してくれる担当者も勿論出光興産の社員さん。

支店の偉いさんとも一緒に食事したりアットホームなお付き合いをしています。

昔、ウチの代表が現役だったころは出光の担当者さんと徹夜で麻雀したり、

飲み明かしたりとホントに深~いお付き合いをしていたようです。

コレは他の石油メーカーさんでは考えられない事だそうです。

そんな出光興産の創設者が出光佐三氏。

画像 1296

こんな方です。

出光の関係者は皆さん「店主」と呼びます。

社長や会長ではなく「店主」。

画像 1293

学生時代の同僚が三井や三菱といったビックネームに就職する中、

2年間の奉公を経て店主が25歳の時に起業した「出光商会」。

出光興産の前身ですね。

第二次世界大戦終戦時「愚痴を言うのはやめて・・・前を向いて」って堂々と言える方だったとか。

この戦争で資産全てを失った人間の言葉ではない。

それだけではなく出兵より日本に引き上げて来られた従業員をすべて迎え入れる度量の深さ。

画像 1297

まさに「人間尊重」な方です。

画像 1295

戦地より引き上げて来られた従業員にあてた言葉。

景気が下を向くとすぐにリストラしたがる何処かの企業とは大違い!

戦後は兎に角何でもやれ!って感じで、燃料油販売とは全く畑の違うラジオの修理や印刷業

等をこなし大変な時期を耐えられました。

画像 1291

普段何気に店の手伝いをしている娘。

少しは出光の歴史を感じてくれたかな?

私が一番好きなのが。

「日章丸事件」

1953年、戦後まもない敗戦国日本は米国や英国の戦勝国に対して劣等感があった。

そんな中、一隻の日本国籍のタンカーが直接取引出来るはずもない中東国イランに燃料油を

買付けに向かいました。英国巡視艇の包囲網を潜り抜け数日後意気揚々とイラン産の燃料油を満載

したタンカーは川崎港へ帰港。

コレに激怒したのが英国国営の石油会社。当時のイランには原油を燃料油に精製できる技術が無く

技術や資本を投入できる英国が販売の権利を占めていた。

長年イランは英国に資源・場所・権利を独占されている事に不満を募らせていたので

直接出光興産と売買契約を結んだのです。

当然英国はイラン産の油は自国のモノであると提訴してきました。

これに対し出光は大国相手に一歩も引くこと無く堂々と主張して見事勝訴!!

敗戦で気持ちが沈んでいた日本国民に何とも痛快なお話。

ん~っ、気持ちがスカッとする。

そんな店主がいつも口にしていた言葉に「士魂商才」があります。

これは当社代表の座右の銘でもあります。

「侍の魂を持って商売人の才を発揮せよ!」

昔の商売人のように何でもかんでも儲ければソレで良し!では、

金の奴隷と同じこと・・・コレではダメです。


「士魂商才」私も大好きな言葉です。

次回、娘のツナギのお尻の部分・・・コレや。

1981年  店主死去。

このとき昭和天皇は店主の死を偲ばれこう詠まれたそうです。

画像 1294

ん~っ、最高の漢ですね。


閉館間際にお邪魔した事もあり、早足で見て回っていたんですが。

「ウチの資料館でこれだけテンション高い親子って珍しい・・・な」

って顔した紳士なおじ様が話しかけてきた。

この資料館の偉い方のようです。

「私はこういう者でございます」とご挨拶したところ、

特別に一般の方が入れない部屋に招かれました。

そこは、東京の丸の内にあった出光興産本社の店主の部屋(社長室)を

そのまま移設させたフロアーでした。

30年前のまま・・・。

机や椅子も店主が実際に使用されていた物。

応接セットもそのまんま、ガラスの灰皿とか見ると時代を感じます。

娘も急に感慨深くなったようで・・・先の日章丸の模型前の写真とは大違いな

顔をしてました。

画像 1292

輸入ガソリン?

自分とこで製油できるだけの技術が無かったころのお話か。

今では日本のガソリンのクォリティーは世界NO1。

未だにこんな看板が上がっているお店は・・・ないな。

長々と纏りも無く書きましたが、本当に行きたかった場所。

今度は宮○君と野○君も連れて来よう。

まぁ、3分で飽きそうですが・・・。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村




おはようございます、管理人です。

近スポ杯の後、娘と色々と話をしました。

今年やり残した事や来年の事。

そんな時、七の親父さんやのりさんから温かいお言葉を頂いて

正直泣きそうになりました。

「一年間一つの目標に向かって取り組んで来たんだから!」

「みんなで鈴鹿に行こう!」

しかし、私はサービス業の身。

土日休むなんて・・・ましてや今月は当店の決算月。

月末に店を空ける事を心苦しく思い、なかなか言い出せなかった私を

宮○君と野○君は快く送り出してくれました。

「頑張ってきて下さい!応援してます。」

本当にこの子達と仕事ができて幸せだと思う。

という事で!

遠慮なしに行って来ました・・・北九州。

北九州カートウェイ(KKW)さん。

土曜日、日付が変わった頃に自宅を出発。

8時間の旅の始まりは土砂降りでテンションは低かった。

画像 1287

定番の関門海峡。

高所恐怖症の私は左端を走れないくせに超低速。

九州への試練1は何とかクリアできました。

近スポや名阪も大概人里離れたへき地にありますが、

KKWさんも負けてません。

車1台分のわき道を恐る恐る登って行くと・・・あった!

ゲートに吊るしてあったカートがなければ間違いなくスルーしてました。

画像 1288


スタッフのカツローさんや地元のライダーさん達と挨拶を交わしてから走行。

の予定が土砂降りの雨。

ただでさえ時間が少ないのに・・・ちょっと小雨・・・上がった。

ハーフウェットでのKKW初走行。

私的には名阪に似た感じ?

兎に角、転んで欲しくない親父と初めてのコースでテンションの高い娘。

勿論、噛み合う訳もなく・・・。

本気で走れたのは実質30分くらいでしたが32秒にはコンスタントに入れているので

今の娘の実力からすればこんなものでしょうね。

まぁ、娘はフラストレーションが溜まった練習走行だったようですが、

明日は31秒には入れれそうなんで今日は早目の撤収です。(てか雨降り過ぎ)

その夜、サーキットでの車中泊を考えていたウチらは・・・。

お風呂&食事の後、サーキットに戻ると思いっきりゲートが施錠されており。

プチ難民のごとく北九州の街を徘徊・・・試練2。

土曜の夜で宿の確保も難しいなか何とか一軒のビジホを確保。

10時前にINできました。

ホテルの下はファミレス・・・。

当然、お風呂も完備。

何の為の3時間だったんだろうか?

泥のように眠る娘が愛おしく思える親父でした・・・。

さて、レース当日の朝は早い。

ってのはコチラでは無関係のようでゆ~っくりした時間が流れます。

画像 1286

「絶対転べない戦いがここにはある!」

諸々の事情ゆえにリタイヤは厳禁。

しかし、レースが始まると後はライダー任せ。

レースの方はS8やOP・SPとの混走です。

行きたい自分を抑えての12周は大人の走りをしてくれました。

結果は7位。

NSFクラス2位。何とかポイントを頂けました。

画像 1290

EXPクラスの表彰式

画像 1289

NSFグラチャンKKW代表者紹介

ここの子供たちは驚速です。

他代表ジュニアの皆さんご注意を。

表彰式もほのぼのとしていて景品も豪華。

参加賞も色々あって楽しい。

エントラントが少ないのに主催者さんの配慮には頭が下がります。

もっと沢山のライダーさんが集まれば盛り上がるでしょうね。

何処かでくすぶってるライダーさんは最終戦の12月はKKW集合です。

画像 1299

グラチャンの認定書を頂いた際にスタッフのカツローさんから

貼れば3馬力UPすると噂の「カツローレーシング」ステッカーと

「KKW」ステッカーの2枚を頂きました。

コレを本番用カウルに貼って鈴鹿を走ります。

私たち親子にとってとても貴重な時間だったこの週末。

地元の皆さんには本当にお世話になりました。

知り合いのいない娘を和ませて下さった皆さん。

色々とアドバイスを下さった方。

お昼に焼き鶏をご馳走してくださった方。

スタッフのカツローさん。

ジュニアライダーのママさん達。

皆さんのお陰で娘は鈴鹿を走れます。

もし来年も走る事が出来ればKKWさんにはシリーズ参戦したいと思います。

本当に充実した2日間でした。

お世話になった皆さん!ありがとうございました。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村




















おはようございます、管理人です。

異例の早さでレース報告です。

昨日は近スポ杯の最終戦でした。

エントリーするの忘れていて、駐車エリアは丘の上・・・。

アウェイ感タップリで遠征組みたいな新鮮さを味わえました。

前日は雨だったそうで当日入りの焦りがないのがせめてもの救いですかね。

今年で一応の区切りをつけようと娘との約束。

かなり乗り手の意識が変わって来たので勿体ない気もするんですけどね。

さて、予選ですが・・・。

ニードルの位置を一つ上げてしまったバカ親父。

トルク感が無い!とクレームが出た。

予選結果は6位・・・。

自己ベストにも大きく届かない。

セッティングを外した親父は娘に申し訳なくてよそよそしい・・・。

昼からはお友達のレースが次々と始まるので丘の上から観戦です。

アサちゃんはM-NとNSFのWエントリー。

こもさんは漢のMクラス。

森○さんは超激戦のSTクラス。

まだまだ沢山の友達が走るのですが自分の事もしないと・・・。

画像 1257

すごい台数のM-Nクラス。

スタート後の1コーナーは修羅場です。

画像 1258

アサちゃんも目の前のライダーさんを1台ずつ確実に抜いてました。

本当に実力がついて来たね。

画像 1280

Mクラスのこもさん!

夏場の変則的な休みの影響か?

見ていても実力が出し切れなかった感じがした。

これからは週末に練習ができるから速いライダーさんとも絡める。

調子が戻るのも時間の問題ですね。

画像 1281

はい、もう紹介の必要もいらないと思いますが・・・子ども番長です。

シリーズチャンプ!おめでとう。

画像 1282

遠征でも子ども番長に負けない走りを見せてくれた彼。

何処に行っても速い子は速い。

画像 1259

ある意味今回一番レベルが高いんじゃないかな?

STクラスに出場の森○さん。

画像 1260

全国レベルなライダーさん達の走り。

画像 1284

ミニモト4耐のチャンピオンさんも。

しかし、写真ブレまくり・・・。

画像 1261

毎度おなじみの民○さん。

こんな超ハイレベルなメンバーの中に!!!

画像 1285

進化し続ける45歳のオッサンも奮闘してました。

皮のバンクセンサーがス・テ・キ。


画像 1262

そして娘のエントリーしているNSF(A)クラス。

ポールポジションは公私ともに充実?しまくりの七。

最近特に乗れているようで、もうすぐ42秒台に入りそう。

画像 1263

集中している隼。ヘルメットもオリジナルに!福井だけに蟹のデザイン?

体格のハンディを気持ちでカバー。

画像 1264

自分の紹介時に他のライダーさんと勘違いして拍手・・・の、娘。

画像 1265

アサちゃんの紹介時、自分と勘違いして手を上げている恥ずかしい娘。

親だから分かるんですが、この時点でいつもと違う思考回路にスイッチが

入っています。

ライダー紹介の後、スタート練習も兼ねて2周ラップ。

この時は2速でスタート!

傍目からはイイ感じ。

そしてグリッドに着いて私の方を見た娘は「1速でスタートするよ!」

的なニュアンスのジェスチャーをしています。

親だから分かります。

コレはスタート失敗の合図・・・。

画像 1267

案の定、1コーナーで娘を狙っていてくれた宮○君のファインダーに

娘の姿はありません。

日章旗が降られた瞬間2速同様のクラッチミートをした娘。

軽量な彼女は2度3度フロントを浮かせてしまいバイクの下敷きに。

幸いエンジンが掛っていたので起き上がって再スタート。

この時点で彼女のレースは終わりました。

後は自分が悔いる部分を少しでもなくせるように走り切るだけです。

後ろのグリッドのライダーさんを巻き込まなかっただけ良かったケド。

画像 1270

一人旅の真っ最中。

自分が描いていた展開とは大きくかけ離れた現実に泣きながら走ってました。

ヘルメットのシールドが上がっている事をスタッフさんに指摘されていたそうですが、

転んだ拍子に片方が外れて下がらなくなったようだ。

画像 1271

兎に角1台でも・・・。

気持の入った走りはしていましたが、練習は嘘をつかない。

気持ちがカラ廻りしている。

画像 1269

憧れのトップグループ。

このクラスを牽引して来て久しい後○さん。

その後ろには次世代のライダーの姿も。

画像 1273

田○さん。

かなり可愛らしいカラーリングになって若返りですか?

でも走りはいぶし銀です。

画像 1275

何乗せても速いのがこの人、土○さん。

鎖骨や指の一本ではハンディにもならない。


画像 1274

このクラスには無くてはならない存在の一人、隼。

180cmオーバーの彼は気持で乗るタイプ。

娘にも少し分けて欲しいな、その身長とハートの強さ。

画像 1268

アサちゃんも頑張って集団を引っ張ってました。

乗れてくると注文も多くなるけど、頑張って!のりさん。

画像 1272

そしてシリーズチャンプの七。

タイムだけでなくかけ引きもレベルUP。

まさに7のチカラ。

画像 1278

今回NSF(A)に出場のライダーさん。

画像 1279

小さいのは宮○カメラマンの腕の問題。

私の意図とは別です。

画像 1277

戦いを終えたライダー達。

この写真、結構良いんじゃないかな?

田○さんのポジションが美味しい。


と、まあこんな感じの今回のレースでしたが。

結果は予選6位(9台中)

   決勝6位(9台中)

転倒した際に少しフォークをねじってしまい

左コーナーでインに付きにくい状態だったそうですが、

転んだ責任は娘にあります。

結果は結果でしっかり受け止めていました。

レース後はかなり凹んでましたが、帰りに中華飯かきこんでたんで大丈夫でしょう。

そのうち誰かが動画アップしてくれたら、おバカなJKが見れそうです。

さてと、これで100%仕事に集中できます。

今回の近スポ杯に参加された皆さん。お疲れ様でした!

ヘルプ?に来てくれた当店のメンバー&マサトありがとう。


あ!バニさんOP・・・楽しみ。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村






































こんにちは、管理人です。

明日は第3日曜日ですが、当店はお休みを頂きます。

店頭には終日ロープが張ってあるので進入は出来ません。

宜しくお願いします。

そして私は娘と近スポ杯の最終戦に出場してきます。

娘がミニバイクを始めて2年。

今回が近スポ杯出場の一応の区切りりとなります。

天気は如何かな?雨は残るんだろうか???

今日の近スポはどんな感じだろう?

毎度の事ながら前日練習に行けない自分達ですが、

明日のレースは悔いの残らないようにチャレンジして来ます!

画像 1255

雨が大好きな娘、一応両メーカーのレインは用意したんですが。

使わない事を祈ろう。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村

おはようございます、管理人です。

ブログの更新が滞り気味ですね。

そろそろココも若い子に任せないと。

歳を負うごとに根気が無くなってきた管理人です・・・。

私も来年で40。

「今の野○君の歳に家を建てたんや~」とか、

「今の宮○君の歳にポケバイ買って息子と娘に乗らせたんや」とか。

後ろを振り返るのは好きではないけれど、それなりに色んな事がありました。

さて、ブログの更新が出来ていない事とは無関係な話でしたが・・・。

当社は今月決算月なのでチョット大目見て下さい。





















おはようございます、管理人です。

お隣の福井県ではプライベートブランド(PB)と元売り系の大手企業が

熾烈な燃料油の価格競争をしています。

この二者にひと月程前から国内シェアNO1元売り系の地元企業も加わって

三つ巴の消耗戦が繰り広げられている。

いつ収束を迎えるか分からない泥沼市況に疲弊した地元のGSさんは「不当廉売」

に当たるとして、公正取引員会に調査の申告をしたとか。

地元GSさんの悲痛な叫び声が聞こえてきそうです。

以前は元売りメーカーの燃料を堂々と販売していたはずの大手企業さん。

今やっている事はPBブランドの燃料と元売りメーカーの燃料が同じレベル

にあるかのようなで消費者さんも困惑するのではないかな?

ウチのみたいな小さな店では人材確保や設備投資に余裕はありませんが、

少ない人数でも古い設備でも行き届いたサービスができればお客様は足を運んで頂けます。

大手企業なら元売りとのパイプも当店なんかよりず~っと太いものがあるはず。

スタッフの質や最新設備の充実に力を注ぐ事で、燃料には無くなってしまった価値観を

感じ取って下さったお客様で溢れかえるんではないだろうか?

まさに対岸の火事ではない。

先の見えないこの業界を取り巻く環境に、柔軟に対応すべく柔らかい頭と固い意志を持てるように

人間的にも成長して行かないと・・・ですね。

画像 1254

娘のお土産当店用。

いつもお世話になりっぱなしのくせに・・・これか?

小遣いも沢山持って行ったのに「お土産代&送料着払いで届いた」と嫁さんが呆れていた。

こんなお菓子をクール便で送ってくるな!


















こんにちは、管理人です。

朝晩がめっきり冷え込んできて、昨日薄手の毛布を出しました。

先日テレビで言ってたんですが、今年は石油ストーブが売れているんですって。

しかも時代遅れな電源を必要としない芯式タイプの石油ストーブ。

ウチにもあるんですが、灯油を入れるのが煩わしいので使ってません。

(自分でも思う時があるのですが、私は油屋に向いていない気がする)

でも、あの独特な温もりはエアコンには無い何かがありますね。

電気の供給が無くてもガスが止められても、ピンポイントで使用できる強みもあります。

あの未曾有の事態でパニックに陥った電気やガスに代わって大活躍した灯油。

私達の同業者が不眠不休で避難所に灯油を配達されていた事実。

灯油を届けた時、手を合わせて何度も頭を下げられるお年寄りの姿に

自分も被災者だという事を忘れてしまった。と若いスタッフが話していました。

誇らしげに話す若者の顔を見ているとこの業界もまんざらでもないな!と思ったものです。

あれから半年、寒さが身にしみる冬がやって来ようとしています。

被災地で頑張っていたあの若者は今も誇りを持って頑張っているんだろうか?

未来のある若者がその場しのぎの大人の事情にだけは振り回されて欲しくないな。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
にほんブログ村





























 | BLOG TOP | 

FC2Ad